顧客はこう見ている。ハンドメイドに関するアンケート

弊社は令和2年3月~4月にかけて、ハンドメイド商品を購入した方、またそうでなかった方々へ、アンケートを実施いたしました。
弊社の販売会場のみですので、サンプル数80は多い数字ではありませんが、ハンドメイド商品を消費者はどのような「目」でご覧になっているか、ご参考になれば幸いです。

目次

① 商品イメージ

良い面

  • デザインが個性的
  • 一点もの(世界に一つ)
  • 作者のセンスがあり、見ていて楽しい
  • 市販品にない工夫のある商品がある
  • 質が良い
  • 自分の好みで、制作してくれる
  • 愛情が込められている
  • 個人がひらめいたアイデア等をすぐ商品化できる(から素晴らしい)

悪い面

  • デザインが安っぽい
  • プレゼントには使えない(包装等や化粧箱がない)
  • センスが悪い
  • 安っぽい

② 技術に関して

良い面

  • 自分の好みで制作してくれる

悪い面

  • 販売するに値しない(下手な)技術力
  • プレゼントには使えない 
  • バザーに出す程度の技術力
  • 同じようなデザインばかり

③ 価格に関して

良い面

  • 価格がわかりにくいのでギフトに最適

悪い面

  • バザーに出す程度の技術力で、安くても買う気にならない
  • 材料やデザインが類似しているのに、価格がバラバラ
  • 価格のつけ方が不透明
  • 場所によって値段が違う
  • 出来栄えのわりに高い

④ 販売に関して

良い面

  • 無回答

悪い面

  • 陳列の仕方が悪い
  • 販売員によっては、購買意欲が下がる
  • 押し売り
  • 主婦感丸出し(隣のオバチャン)
  • 言葉遣いがなっていない
  • 販売員の服装がだらしない
  • 哀れ感を出す
  • 包装ができない。安っぽい(紙や箱)
  • なれなれしい

⑤ 安全安心

良い面

  • 修理してもらえる(から長く使える)

悪い面

  • 材料の出所が不明 
  • 鑑定書等証明書がないから信用できない

⑥ その他

良い面

インターネットですぐ購入できる

悪い面

自分で作っているかどうか疑わしい

以上

ご覧になっていかがでしたでしょうか。
ハンドメイドって「両刃の刀」ですね。これは技術力や販売姿勢も含めた製作者の「差」なのです。

良い印象を持っていただければ、今後もハンドメイドのファンになってくれる可能性がありますが、そうでなかった場合は、2度とハンドメイドに振り向いてはくれないでしょう。

イベントが終わると、弊社は販売期間中の売り上げを含めた感想を、出展者から頂戴いたします。

毎回、丁寧に記入して下さる方。毎回、白紙で提出される方。千差万別ですが、この方々には、共通点があります。
何事も丁寧な方の作品や、仕事ぶりは必ず結果が出ています。

「売れなかった・・・」というやや不満の気持ちで帰られる方は、次回も同じ結果になるような気がします。

モノがあふれ、買うものがないという飽食の時代に、素人の私たちが販売で、勝ち残るには、大量生産とは異なる価値を探している顧客の要望を、接客の中から感じ取らなくてはならないのです。

そうして「自分の得意」をどうやって形にしてゆくかが、オリジナリティに繋がり、ブランドになってゆくのだと思います。

コロナだけでなく、ものを売るには難しい時代になっています。
そのような時代にあって、ハンドメイドは良く頑張っているとおもいます。

AIが社会の中で重要な役割を果たし、2~30年後には既存の職種の半分はなくなっているとも言われています。
単純な仕事はなくなる時代が来ています。

もしかしたら、デザインなどAIのほうが素敵なものを作り上げるかもしれませんが、それでも1から10までを手掛ける仕事は人間でなくてはできないのです。

「欲と道ずれ・・・」表現はよくありませんが、この欲を接客に集中していただきたいものです。
結果、今までの自分のセンスや技術にプラスしていただければ・・・と思っています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる