つくりびと vol. 103 ここに紹介

2021年の初刊「つくりびと」で掲載された、菱田静江さんに続き、103号で青山加代子さんの手作り傘が紹介されました。
着物地を日傘に作り変え、思い出ばかりでなく、日本の伝統をも日々に生かした「用の美」
を見事に体現している。
氏の活動は都内百貨店の外商部の目に留まり、数多くの問い合わせをいただくまでになっている。
お預かりした着物を丁寧にほどき、傘に仕立て上げるまで、神経を使う作業だが、その1枚に込められた歴史に思いをはせ、完成された姿を想像することが何より楽しいと語る。

目次

つくりびと

創作者、美術愛好家、文化施設をつなげるアートのフリーマガジン
作品の開設は、美術評論家、文筆業の面谷哲郎氏

青山加代子

千葉県千葉市在住。独立後、多数のデパートに出展。年に数回、各地で作品展を開催。

青山加代子さんは、HP「作家紹介コーナー」で紹介しております。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる