作家紹介

日本人が話す、日本語を、しるす文字。
毛筆で書かれた文字は単に意思伝達の手段ではなく、アートに通ずる素晴らしい文化として、世に広めたい! 残したい! という強い思いで活動しているのが、細字アート工房の大橋春男さんです。
今年で89歳になられる氏と弊社との親交は20数年にわたります。
当時も今も、文字に対する強い愛情は変わらず、心臓にペースメーカーを入れた今でも
精力的に活動されている姿には圧倒されます。
障害者手帳を持たれてから、同じく障害者団体、木馬工房とのコラボレーションで木工製品に文字を施し、箸休め・銘々皿等実用品として販売しております。
先日もお目にかかり、少し足が衰えたかな(失礼)とは思いながら、心は前にもましてお元気で、いつも前向きの姿勢に大いに感銘をうけました。

目次

大橋春男

細字アート工房(さいじ あーと こうぼう)主催
八王子市在住
八王子を中心に多摩地域で、教室等を運営

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる