これからの10年を生き抜く為に

弊社は、本年6月1日を持ちまして、創業40年を迎えました。

これは一重に、いままで長きにわたり、当社事業に携わっていただきました関係各所の皆様のお力添えの賜物と思っております。改めまして、ここに感謝申し上げます。

さて、昨年から続いておりますコロナウイルス感染症のまん延に営業活動だけでなく、日々の生活に多大な影響を受け、不便を強いられております。
今や欠かせなくなったマスク生活も、1~2年続くのではないかと懸念しております。

これからの経済活動が減速せざる負えない状況の中、そこから見えてきた新しい生活様式。ハンドメイドの社会がどの様に変化してゆくのか私なりにお話をさせて頂ければと思います。

30年前は、ホビー催事と言えば、著名な作家などの展示主体の文化イベントでした。その片隅で販売されていた作品のクオリティの高さが注目され、いつしか販売が主力になって参りました。
弊社会長青木みな子がここに着目し、コツコツと小さな販売会を経験しながら、今日に至っております。
その間に新しい手芸分野の広がりもさることながら、販売形態はWEBが加わり、ハンドメイド・手作り市場はますます拡大、成熟しております。

当初には、『作品』と総称されていたモノも今では、販売することを前提とした『商品』へと変化しております。

これからのハンドメイドに求められるのは、作り手のアイデアが詰まったクリエイティブな商品です。

その方向として

  • お客さま個々にオンリーワンの商品を提案
  • 大切な方や特別な日に送るギフト対応できる商品(外箱も含めた対応)
  • 工芸分野だけではなく、手芸・ハンドメイド分野の海外への進出
  • SNSを駆使したありとあらゆる多方面へのプロモーション

これらを念頭に商品づくりを進めた先には、【商品】がいつしか【作品】へと回帰している様にも見えますが、ハンドメイドの神髄は、≪作品作り≫にあると考えております。

当社は、今まで以上に皆さまに積極的に関わっていきたいと考えております。

ハンドメイドの未来に向かって共に歩みながら、今後とも引き続きご指導・ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

代表取締役社長
佐藤 智央

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる