お中元

目次

道教とお中元

中国の3大宗教に、仏教、儒教、道教があります。
この3大宗教は、ほぼ同じころ日本につたえられたといわれています。
中元は、老子を教祖とする道教の三元の行事の一つです。

道教は古代中国の民間の雑多な信仰を基とし、不老不死の思想を根源におき、仏教の影響を受けながら宗教的なものにまとめ上げられたものです。

道教では、1年を3等分するのではなく、2:1:1(6カ月、3カ月、3カ月)に分けています。
上元は旧暦の1月15日、中元は旧暦の7月15日、下元は旧暦の10月15日です。
日本では1月15日は小豆粥を食べ、その年の疫を祓う習慣があります。
24節気やこいのぼりなど、日本のいろいろな行事が道教の影響を受けています。

中国の中元、7月15日は、半年間無事に過ごせたことを祝い、祖先の霊を供養する行事が行われていました。
この時期、日本は盂蘭盆会にあたり、先祖を敬い供養するという仏教行事が行われています。やがて道教行事と、仏教行事が融合して7月15日は中元として形づくられたものと考えられています。

現在のお中元は、先祖を敬う気持ちが、お世話になった方への尊敬や感謝を表すものにと変化していったものと考えられています。

日本のお中元のはじまり

中元が中国と日本の宗教の融合から発生していますが、日本の中元はお盆とは区別されています。お世話になった人に感謝の気持ちをお贈りするのが現代の中元ですが、起源ははっきりしません。
鎌倉時代ごろ、1年間、身内に死者が出なかったお盆(生盆)に、存命の両親を祝う習慣が生まれ、これが江戸時代には、庶民にまで広がり、子供が親に魚を贈っていたのが中元のはじまりとも言われています。

お中元の時期

お中元を贈る時期は、地域によって異なりますが、一般的には7月上旬から7月15日の間です。
関東ではこの期間が多いようですが、関西では旧盆に当たる7月15日から8月15日が多いようです。
元々、お中元は旧暦の7月15日に行われた行事でしたが、今では新暦の7月15日に行われるようになっています。しかもだんだん早まる傾向にあります。

もし、お中元の時期を過ぎてしまったら、熨斗を「暑中見舞い」さらには「残暑見舞い」と変えて贈るようにします。
目安として7月16日から立秋(8月7日頃)までが暑中見舞い。
立秋から9月上旬までが残暑見舞いです。

また上司や目上の方に送るときは「暑中伺い」「残暑伺い」としましょう。

お中元のマナー

暑い時期ですから生ものや、保存のきかないものは避けましょう。
現代は持参するより、お送りするほうが断然多いと思いますが、品物が届く前に書面で挨拶状を出しましょう。

頂いたら、お返しは必ずしも必要ではありませんが、もしも、自分もお世話になっているのであれば、同額程度のお中元をお返しすると良いと思います。
勿論お礼状は必ず出しましょう。親しい間柄であれば電話でも良いと思いますが、基本的には令状を出すのが礼儀です。

また、お中元は、一度始めたら続けることが大切です。
お世話になったその時だけならば、お礼状としてお送りするほうが良いと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる