「たなばた」と「しちせき」

♬ ささのは さらさら 軒端にゆれる お星さまきらきら きんぎんすなご
ごしきの 短冊  わたしが書いた お星さまきらきら 空から見てる

子供頃よく歌いました。懐かしい童謡です。

目次

中国と日本の行事の融合

七夕(たなばた)と言えば、織姫と彦星が天の川を渡って、1年に1度だけ会うことができる日。ということは皆さん子供頃読んだことがあるのではないでしょうか。

織姫は天帝のむすめで、神々の衣を織るのが仕事でした。
日夜休むこともなく働く娘を不憫に思った天帝が、牛飼いをしていた彦星と結婚させました。
すると二人は仕事もせずに遊んでばかりいて、織姫は機を織らなくなったので、神々の衣はボロボロになってしまった。
牛も弱って死んでしまいました。
天帝は怒って二人を天の川の両岸に離れ離れにし、年に一度しか会えないようにしてしまいました。

これは物語ですが、中国には、織姫にあやかり織物や裁縫が上手になるようにと、7月7日に庭先に針や5色の糸を供え星に祈りをささげる乞巧奠(こうきでん)という行事がありました。

一方、日本には、農村の乙女たちが、神のために作った織物を棚に供え、秋の豊作を祈る習慣があり、これに使用されていた織機の名前を棚機(たなばた)と呼んでいました。
「たなばた」というのは、織機の名前のことだったのです。

仏教が日本に入ってくると、乞巧奠(こうきでん)は七夕「しちせき」とよばれた宮中行事となり、中国伝来の七夕(しちせき)が、日本の棚機(たなばた)と融合し、七夕(しちせき)の漢字に和語の(たなばた)をあてたと考えられています。

七夕の飾り物

江戸時代になると、七夕は5節句として、幕府の公式行事となり、庶民の間にも定着しました。
当時、「神を迎える」として屋根に笹竹を上げる習慣があり、これに七夕の願い事を書いた
短冊や吹き流しなど、七つ飾りと呼ばれる笹飾りが下げられるようになりました。

七つ飾りにはそれぞれ、願うことが違います。
短冊・・・学問・文芸の上達
折り鶴・・健康長寿・家内安全
吹き流し・裁縫技術の上達
巾着・・・蓄財
網・・・・大漁
屑籠・・・倹約
かみこ・・裁縫の上達

しかし、これらにとらわれる必要はなく、昔も今も様々な願い事が、様々な形で表現されています。

きんぎんすなご

ここで文頭の詩に戻ります。
この歌に少しわかりずらい歌詞がありませんか。
きんぎんすなご・・とはどういう意味でしょうか
漢字で書くと金銀砂子です。
金箔や銀箔を砂のように砕いた粉のことで、天の川のキラキラした様子を表現しています。

5色の短冊

5色(ごしき)の短冊・・なぜ5色なのでしょうか
この5色は中国の5行説に当てはまる5色で、木(緑)・火(赤)・土(黄)・金(白)
水(黒)の元素からなるという自然哲学の思想からきています。
そしてこの思想はこいのぼりなど日本の年中行事に深い影響を与えています。

そうめんの日

7月7日は、ソーメンの日でもあります。
七夕とソーメンは古くから繋がりがあります。江戸時代には、七夕にはソーメンを食べる習慣が庶民の間で定着していました。

そもそも中国では、病を避けるものとして、七夕には小麦粉を練って細くひも状に伸ばしたものを食べる習慣があり、これがソーメンの起源と言われています。

日本の蒸し暑い夏、するりと喉越しの良いソーメンは、食欲の衰える季節にうってつけの
食材だったと思います。
それは今日でもかわりませんね。

このように日本の行事や風習は中国から伝わり、日本の風習に溶け込みながら独自の形に変化し、今日まで続いている文化ってすごいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる