十五夜と中秋の名月

目次

中秋と十五夜

秋という季節は、旧暦で、7月、8月、9月、新暦では8月、9月、10月の3ヶ月を指し、7月は初秋、8月は中秋、9月は晩秋といいました。中秋と言えば旧暦の8月、新暦の9月のことです。

十五夜というのは、毎月15日の夜のこと。あるいはその日に見える月を指します。
月の満ち欠けは、一か月を、新月、満月(ほぼ15日)、新月という周期で繰り返されています。
ですから十五夜というのは毎月あることになります。
しかし月見行事では旧暦の8月15日の月を特別に「中秋の名月」と呼んでいます。

新暦と旧暦では日にちに若干のずれがあり、新暦の8月9日から10月8日までの期間に満月になる月を「中秋の名月」と呼び、1年の中で、最も美しいとされる月が出る日を十五夜と呼ぶようになりました。
今年は9月21日です。

中国から伝わった観月の習慣が、我が国の貴族社会に伝わり、これが庶民に伝わるころは収穫を祝う行事と合体し、月にススキや団子を、お供えをするという今日につながる行事になりました。

ススキと団子

実りの秋と言われるこの季節、日本は米を初めとする穀物、野菜、果物など豊富な食糧の収穫の季節になります。
この収穫への感謝するのに、ススキを飾り、団子をおそなえするようになったものです。
ススキは収穫にはまだ早い稲穂の代わり、形が似ていることから飾られるようになりました。
団子は芋や豆類、果実などのお供え物が、江戸時代になってから、餅や芋などを満月の形に加工して供されました。
丸い形は、縁起が良いものとされ、その団子を食することで、無病息災を願ったともいわれています。

十三夜(じゅうさんや)と十日夜(とうかんや)

観月の行事は、十五夜のほかに、十三夜、十日夜(とうかんや)もあります。
十三夜はお聞きになったことがあると思います。
樋口一葉の短編小説の題名「十三夜」です。

13日に出る月で、十五夜の1か月後にでる2番目に美しい月のことです。
十三夜は、日本独自の風習で、中国から十五夜が伝わる前から、農民の間で、収穫の吉凶を占う行事として伝えられていました。
この日の月の出方によって、来年の農作物の作柄を占っていたようです。
美しい月夜であれば豊作と考えられ、大きな意味のある日だったわけです。
今では十五夜の陰にすっかり隠れてしまっているのは残念です。
これも旧暦と新暦のずれがあるため毎年日付は変わります。
今年の十三夜は10月18日です。

十日夜は、東日本を中心に行われる収穫祭のことです。
稲の収穫が終わり、田の神様が山へ帰られる日で、お供え物をして送ります。
旧暦の10月10日に行われるもので、月を愛でるものではないので新暦でも11月10日におこなわれるところがおおいようです。

温故知新

美しい日本の自然の中ではぐくまれてきた行事や習慣。
「ステイ・ホーム」がますます常態化し、時間に余裕ができるようになった今、忘れかけた、忘れ去られた習慣や風習を改めて見直してほしいと思います

祭りの中で供される食物。晴れ渡った夜空に浮かぶ、美しい月を見ながら、何のためにこれがあるのか、昔の人の願いがどれだけ込められているか、今まで前だけを見て突き進んできた私たちの生活を見つめなおすことは、文化を見つめなおすことにほかなりません。
ものづくりは文化の原点でもあります。

「より便利に」、「より簡易に」、「より効率的に」につき進んできた現在の生活。
「温故知新」にこそ、今ハンドメイドに求められているものがあるように思われてなりません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる