「子供の日」・「端午の節句」

目次

子供の日と端午の節句

5月5日は子供の日です。端午の節句でもあります。
同じ日なのですが」「子供の日」と「端午の節句」は同じものではありません。

「子供の日」というのは、1948年に祝日法で定められた、国民の祝日です。
子供の人格を尊重し、子供たちの幸福を祈るとともに、母親に感謝しましょう。というもので、当然、子供とは男児と女児のことです。

一方「端午の節句」は5節句の一つで、男児の健やかな成長と幸せを願うものですが、もともとは男児の節句ではありませんでした。

「端午の節句を」漢字で読んでみると端(はし)と午(うま)。
つまりその年の最初の午の日・・・ということなのです。

ではなぜ5月5日になったのでしょうか。
旧暦で午の月は5月にあたります。
5月の最初の午の日に厄払いをしていたもので、必ずしも5日だったわけではありません。
「午」が「ご」と発音することから5月5日になったといわれています。

節句とは季節の変わり目からくる、体調不良を整ための厄払い行事です。
自然界に生息する植物の生命力で、人の厄をはらうという行為は、5節句すべてに共通した意識です。

5月になると急に気温が上がり、体調を崩すことが多く、この時期に自生する菖蒲や蓬が薬草として、古代から中国では広く用いられていました。

現代でも肩凝り、冷え性、リュウマチに効く漢方薬として販売されています。

昔、銭湯では湯船にたくさんの菖蒲が入っていて、この日は家族で浸かったものです。
その強い香りに体の疲労感が薄れてゆくのが実感できます

この強い香で家の邪気を払い、酒に浸して飲んだりする習慣が、すでに奈良時代には定着していたようですが、まだ男の子に限った行事にはなっていません。

端午の節句が男の子の節句になったのは江戸時代です。
菖蒲が尚武(武を重んずる)に通ずることや、武家に男児が生まれると馬印やのぼりを立てて祝った習慣が、やがて庶民に広がり、男児が生まれると、武者人形を飾ったり、こいのぼりを立てる習慣が定着しました。

ところで、節句に用いられる菖蒲は、きれいな花が咲く菖蒲とは違いますのでご注意を。
花菖蒲はあやめといい、ガマの穂をつける菖蒲とは本質的に違います。
花菖蒲はアヤメ科、菖蒲はサトイモ科です。

季節商品なので、作る人はそう多くはありませんが、既存の商品に似せて作るだけでなく
新しい商品を作ってみる。
紙粘土で作られているのですが、素敵なオリジナル人形を見たことがあります。
歴史的背景を理解しつつ、新しいものに挑戦する。それがハンドメイドの真骨頂ではないでしょうか。

端午の節句の飾り物

「鯉のぼり」が代表的な飾りです。
鯉の滝登り・・・という言葉があります。これは鯉が滝を登って龍になったという中国の故事で、鯉は立身出世の象徴となっています。

悠々と空を泳ぐ鯉のぼりの姿に、親は子供の明るい未来を祈り、健やかな成長に願いを込めているのが鯉のぼりです。

「武者人形」に男児の祭りになったことが見て取れます。
3段飾りの上段、中央に置き、両端に吹き流しや鯉のぼりを置きます。
そして、向かって左に弓矢、右に太刀を置きます。
中段には軍扇、陣太鼓、陣笠を置きます。
下段にちまきや柏餅を置きます。
金太郎など、かわいらしくもたくましい子供の人形を飾ったりもします。
毛氈は緑色です。
ひな祭りの華やかさとは違いますが、きりっとした男の子の祭りにふさわしい段飾りです。

粽(ちまき)の起源

中国の戦国時代、楚の国の政治家、屈原が陰謀によって失脚し、国を憂うあまり川に身を投げてしまった。
村人がこれを悲しみ、川に棲む龍が屈原の遺体を食べてしまわないように、川に米や食べ物を投げ入れたという言い伝えがあります。

また、龍が、投げ込まれる穀物を食べてしまうので、龍が嫌いな栴檀(せんだん)の葉で包んで投げてくれるように、屈原の霊が村人に頼んだのが、粽の起源になっています。

関西ではちまきを、関東では柏餅を食べる習慣があります。
柏餅は小豆や味噌あんを入れた餅を、柏の葉で包んだもので、登場したのは明治時代です。

柏の葉は新芽が育つまで、古い葉が落ちない性質から、縁起の良いもの。
「子供が育つまで両親は健在」「子孫繁栄」の意味が込められ、日本固有の風習です。

細長い団子を笹の葉で包んだものが粽です。これは中国の古い風習から現在まで残る習慣です。

柱のきずは おととしの  5月5日のせいくらべ
ちまき食べ食べ 兄さんが 計ってくれた 背の丈

童謡って、本当に良き日本の行事を歌いこんでいると思いませんか。
願わくば、柱に兄弟の成長がいつまでも刻まれる、平和な日本でありますように。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる