とっさの知恵

もう何年も5時前に起きるなんてことはなかった。

昨夜の千葉の深い海底で起きた大きな地震が、その後の私の眠りを阻害するものではなかったが、翌日、遅刻が許されないとなると、否応でも早くに目が覚める。

予定の1時間以上も前に家を後にした。

6時を少し過ぎたころ、小田急線の改札前広場が何やら騒がしく、その前を通りながら嫌な予感がした。

案の定、JR横浜線の改札前は人であふれ、JR社員のメガホンの叫び声がますます喧騒を増幅させていた。

入場規制を待って、ホームに立ったものの、電車の入場時間は未定。

30分も待って、そろりと入場してきた電車はすでに満員。そこへ新たに押し入るわけだから、私などはじき出されてしまう。

次を待つにしても、結果は変わらないだろう。

懸命な判断が必要。

私はさっさと本日の予定をあきらめた。

ここからが、今朝感じた小さな感動。

小田急線町田駅とJR町田駅の間には、長デッキがあり、いつでも多くの人の往来であふれている。

それが本日は小田急線改札前広場からJRのそれまで長い行列なのだ。
距離にして300M余りだろうか。
多数の警察官が出て人波をさばいている。

そして私はさすが!・・・と思ったのである。

つまり右側は下り電車の列。左は登り電車の列。
誰も騒がず慌てず、実にスムーズに、見事に分かれて黙々と並んでいるのである。

ホームへの入場規制を、ここからさばいているのである。

上下に分かれて並ばせるとっさの知恵は、誰もが持っている普通のことなのだろうか。

私など、決して思いつかない知恵である。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

6月生まれ
そのせいか、寒さより、暑さに強い
限界を超えた体重に苦慮して、昨年、カーブス入会
見た目より、感傷的で繊細(と自分では思っている)

目次
閉じる