柿喰うネズミ

今年もついにやってきました。

青々とした柿の実が、半分白くなっているではありませんか。

生り年だった去年に比べ、今年の柿の実は数えれるほどなのです。
その分、形も大きさも申し分のない出来栄え。
と、思っていた矢先のことだけに、がっかりもし、はらただしくもある。

まだ渋いであろうと思っていたら、害獣に味覚はないという。

細い枝の先端になっているあの柿の実を、どうやってたべるのかしら。

3っつも、4っつも固まって実をつけた細い枝先は、かなりしなっているのに、自分の重さが乗ったら、どうやってバランスをとるのだろうか・・・

葡萄が終わって、やっとハクビシンが来なくなったら、今月はネズミの襲来。

こんな都会の住宅地の中で、夜な夜な出没する害獣に打つ手はないのです。

ハクビシンやタヌキ。クマネズミ。
いつ頃からこんな闇の世界が出来上がったのだろうか・・・

猿や猪が出たら大騒ぎになるが、タヌキやハクビシン、ましてやネズミごときはニュースにもならない。

父がいたころには、柿がネズミに齧られた話など聞いたこともなかったが、主が不在になった庭には、招かれざる客が、ひっそりやってきては、秋の実りを台無しにしてゆく

実が熟するころには、一つも残ってはいないだろう。

こんな状態が3年も続いている。
そのうちこんな状態にいつしか慣れてしまうのだろう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

6月生まれ
そのせいか、寒さより、暑さに強い
限界を超えた体重に苦慮して、昨年、カーブス入会
見た目より、感傷的で繊細(と自分では思っている)

目次
閉じる