父の庭先から『S夫人の庭』

たっぷりと天の恵みを受けた庭は輝いている。
朝日を浴びた椿もボケも生き生きとして、開かんとする蕾の音さえも聞こえる気がする。

S夫人の庭先で、お茶を頂いた。
私はこの庭が大好きだ。

小さなガーデンテーブルの周りには、マーガレットや水仙。チューリップや色とりどりのパンジー。
彼女の庭は、一年中花であふれていて憧れている。
花の名前もよく知っていて、とっても素敵。

ここでいただくお茶やケーキの格別なこと。
中世の貴婦人たちは、こんなお茶を毎日楽しんでいたのだろうか。

汗ばむくらいの暖かい庭に、時々通り抜ける涼やかな風に時間を忘れてしまう。

比べて父の庭は、枝ものばかりで、あの華やかさはない。
梅も、桃も、ボケも、控えめに咲く。
そういえば、アケビの花も咲いているのだが、誰も気が付かない。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

6月生まれ
そのせいか、寒さより、暑さに強い
限界を超えた体重に苦慮して、昨年、カーブス入会
見た目より、感傷的で繊細(と自分では思っている)

目次
閉じる