顧客との会話にウンチクを少し~クリスマスの飾りと由来~

早いもので、今年も後半に入りました。
弊社でも、取引先とクリスマスイベントの打合せが始まりました。

皆様も、そろそろクリスマスイベントの準備に入られる頃ではないでしょうか。
今回はクリスマスツリーの飾りについて、少しお話させていただきます。

目次

ツリー

クリスマス・ツリーの木は通常もみの木が使われます。
針葉樹のもみの木は、冬でも葉を落とさないことから、強さや生命力を象徴していることから、「永遠の命」の象徴とされています。またヨーロッパにはもみの木が多いのも普及した原因かもしれません。

トップスター

ツリーの一番上に飾られる大きな星のことで、ベツレヘムの星と言われます。
キリストの誕生を東方の3賢者に知らせるために、最も大きく夜空に輝いたとされています。
この星に導かれ、3賢者がお祝をもってイエス・キリストのところにやってきます。
このお祝が、今日のクリスマスプレゼントの起源ともいわれています。

ベル

クリスマスベルは、キリストの誕生を人々に知らせるために、天使がベルを鳴らしながら
世界に喜びを伝えたといわれています。

オーナメントボール

その昔は赤いリンゴが使われていました。
今は金属製メッキ状のボールに変わりました。
リンゴは人類の先祖アダムとイブが、一番最初に口にした食べ物とされています。
リンゴは知恵の象徴で、蛇にそそのかれされてリンゴを食べてしまった2人は、その知恵のせいで楽園を追われてしまいますが、リンゴは、人々に知恵や幸福、豊穣の願いが込められています。

キャンディ

ツリーに飾られるキャンディはみんな杖の形をしています。
これは羊飼いが羊を、導く杖の形なのです。
キリストが人々を正しく導いてほしいと言う願いが込められています。
キャンディに赤と白のマーブルが多いのもキリストの純粋で清らかな心を白で、またなにびとにも公平な愛を象徴するものとして知の赤が用いられています。

イルミネーション

その昔は蝋燭でした。
現在は家事をおこす危険性から、電飾が用いられています。
これは世の中を明るく照らす希望の光の意味合いがあります。

クリスマスリース

これは昨年お話をしたことがあるので省きます。

海外の宗教行事であるクリスマスは日本では冬の華やかな行事として定着しています。
神聖な儀式とは無関係に、娯楽イベントとして皆楽しんでいます。

正月の手作りオーナメントに比べると、クリスマスのこれを販売する方はあまり見かけることはありません。
どちらかと言えば、アクセサリーやバック、または手袋等々、ギフト商品に力を入れている方がおおいようです。

そこでご提案です。
クリスマスにまつわる蘊蓄を、商品とともに販売するのはどうでしょうか?
買いたいものがないというほど、ものにあふれた日本ですが、知識の吸収には意欲的です。

小さなもみの木を置いて、一番上の飾られる大きな星にはどんな意味があるのか、ベルは何の意味合いがあるかどうか・・・

お客様との話をするチャンスを掴むきっかけに知識は有効です。
今、商品に背景がないと売れない時代と言われています。
では、背景とは何でしょうか? どのようにとらえればよいのでしょうか?

実をいうと、私にもわかりません。
背景は時代の要求だというかたもおられます。
私たちの作る商品の中に、時代の切なる要求にこたえられる商品があるのでしょうか。
私にはわかりません。

しかしながら、部材に意味を持たせることはできます。
言い換えれば、意味ある部材を用いて作りましょう・・・ということです。

それにはクリスマスの深い意味。
私たちにキリスト教の奥義は理解できないかもしれません。
しかし、リースや、もみの木の色、キャンディの赤と白。これらを理解したうえで、つくろうとする商品に意味を持たせて作ることには、漠然とそこにあるから使ったというのでは、大きな違いができます。

コロナ過で過ごす2年目のクリスマスです。
商品を売るだけに専心しないで、クリスマス・ツリーのオーナメントの意味合いをお話しすることができたなら、お客様は商品以上の感激を受けとってくださるのではないでしょうか。

@June

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる